まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

【老犬と暮らす】足腰が弱ってくる問題

f:id:oyabun7badlands:20180914150523j:image

子犬の頃みたいにさっきまで遊んでいたのに、急にスイッチが切れるようになったまぐろさん。

 

大人になると幼児帰りすると言いますが、あれは本当なのかもしれません。

 

まぐろさんは小さい頃から足腰は強いほうではなかったです。

 

引越し前、手術から生還してから少しして、急に立てなくなった事がありました。

 

検査しても原因がわかりません。

先代まぐろの前に居た子が21歳まで生きて腰痛に悩まされていたため、経年による足腰の弱りにはある程度覚悟していたものの、母ちゃんの傍が大好きなまぐろさんは、自分で動けない不安とすぐに母ちゃんの傍にいけないストレスでキュンキュン鳴くことも多かったのです。

 

母ちゃんは、まぐろさんといるほとんどの時間を、まぐろさんの腰をマッサージすることに費やしました。

 

食べるものが良かったのか、マッサージが良かったのか、病院の注射のおかげか、今はフラフラしながらでもゆっくり歩けます。

 

驚きの回復です。

引越しの時、寝たきりで抱えていかなくちゃなと思っていましたが、全然自力で歩いてくれました。

 

まあ、それでも、一日一日、歩きズラそうにしることが多くなってきてます。

 

中型犬は歩けなくなった時にどうするかというのは、早めに考えておいたほうがよいのかもしれません。

 

にほんブログ村 犬ブログ ブチ犬へ
にほんブログ村