まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

【老犬と暮らす】腰痛、膝痛

f:id:oyabun7badlands:20180915132225j:image

今年の夏はかなりの衰えを覚悟したものの、寝たきりにさえならなかったまぐろさん。

 

まあ、プードルちゃんも一番長生きしたイングリッシュポインターも、ほぼほぼ20歳までは元気に動いてましたから、なんともw

 

そんなまぐろさんですが、腰痛と、膝痛はあるみたいです。

 

元々、ダルメシアンっぽいガニ股で、オスワリしたら足が開くタイプのオスワリをしていたので、年齢を経ると、影響は出るんだろうなと思ってはいました。

 

前にも書きましたが、一度は全く歩けないことがありました。

起き上がることもできず、このまま寝たきりも覚悟したんですが、驚異の回復力です。

 

まぐろさんは内臓が強いのか、子宮蓄のう症を患った以外は、全く大きな病気にかかったことはありません。

 

それでも時々、「ちょっと母ちゃん腰もんで」と、やってくることがあるので、おそらく、腰が痛いことはあるのだと思います。

 

腰痛のほうは、おそらく、膝の痛さを庇うことから来るものだと思いますが、膝の痛さはずーっとというわけではなく、散歩帰りとか、湿気の加減で時々出るようです。

 

母ちゃんが施している腰痛、膝痛の対策についてもまたゆっくり書いていきたいと思います。

 

にほんブログ村 犬ブログ ブチ犬へ
にほんブログ村