まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

老犬も太陽に当たらないといけない理由

週末明けても忙しいが続き、やっと落ち着いた母ちゃんとともにベランダで日向ぼっこするまぐろさん (@magurogu_fun) | Twitterです。

f:id:oyabun7badlands:20181101101820j:image

クランベリーさんをチェックしてくれてますw寒くなってきましたが、みなさん風邪などひいてませんか?

大丈夫ですか?

まぐろさんは元気、母ちゃんはすこーし風邪気味です。

犬と太陽

ポカポカの太陽と犬ってとっても似合いますよね。

朝日を浴びた犬の写真なんかを見ると自然と顔がほころびます。

おうちの中が多い犬は、涼しくなってきたので是非ともどこかのタイミングで、太陽の光を浴びさせてあげてください。

普段気づかない毛並みの動きや、色の変化があって、うちの愛犬の好きなところが増えることうけあいですよ。

それに、室内やお留守番の増えた最近の犬さんたちは、きっと太陽の光を浴びる量が少なくなって不都合も出ていると思うのです。

太陽を浴びると良い効果

体内でビタミンDを作るのに、日光浴はとても役に立つそうですよ。

紫外線は浴び過ぎると有害なので、太陽光からのガードが必要なのですが、犬さんたちは、被毛を被っているので、日光が皮膚まで到達する量は人間より少ないのは想像に難くありません。

「あさんぽ」が早朝の犬さんたちは、まだ良いとして、家族が忙しくて「あさんぽ」できない犬さんは、工夫して太陽光を浴びる機会を作ってあげてくださいね。

それに科学的な根拠があるのかどうかわかりませんが、太陽光はセロトニンを分泌させるのに役に立つそうです。

セロトニンは幸せホルモンってやつです。

確かに、お日様の下に出ると、幸せな気分になります。

犬さんとお日様の下で寄り添っていると、幸せな気分になります。

犬さんもきっとそうです。

落ち込んだ時は太陽の下に出ていっしょに気分転換しましょう!

犬たちもお母さんたちも、きっと幸せ気分だと思います!

くれぐれも無理はなさらぬように。

にほんブログ村 犬ブログ ブチ犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

シニア犬ランキング
犬ブログ広場 シニア犬