まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

【子犬のしつけ】犬は人間社会で生きている

f:id:oyabun7badlands:20180912160248j:image

母ちゃんに限らず、人間が大好きなまぐろさん。

遊んでくれる人が居ないとわかりやすく落ち込みます。

 

世の中の犬のほとんどは、人間社会で生きていかねばなりません。

 

それは動かない事実です。

 

犬が生きていくべき人間社会は、人間の都合でできていて、壁紙はキレイに貼られているし、トイレは人間が決めた場所で済まさないといけないし、齧って良いものと悪いものも人間が決めます。

 

寝る時間もひとりぼっちで待つお留守番の時間も、全部全部人間の都合で決められます。

 

では、人間は犬の何に合わせてあげられるのでしょうか。

 

けなげに人間の都合に合わせて生きるワンコたちの、何に合わせてあげられるのでしょうか。

 

共生とは、ともに生きることです。

 

人間社会である以上、いろいろなことが人間の都合で決められるのは仕方のないことですが、一方通行ではいけません。

 

人間はかけがえのない友のことをもっともっと知るべきです。

 

壁紙を傷つけた時、「なんでこんなことするの!」と怒る前に、考えてみてください。

壁紙が綺麗に貼ってあるのは人間の都合です。

 

犬はリーダーである人間の「壁紙がキレイに貼ってある」という都合に合わせています。

 

それが、我が家のルールだから守るのです。

 

だから、人間はきっちりと人間社会のルールを犬に教えてあげなければいけません。

 

知らないルールは、人間だって守れません。

 

そう考えたら、キーキー怒るのではなく、ちゃんと、ルールとして教えるという行為になるはずなんですよね。

 

その教え方は、ワンコに合わせてあげるべきなんじゃないかなあ。

f:id:oyabun7badlands:20180912164501j:image

 

にほんブログ村 犬ブログ ブチ犬へ
にほんブログ村