まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

【老犬と暮らす】散歩の時間

f:id:oyabun7badlands:20180916180712j:image

夕方涼しくなってからじゃないと散歩には行かないまぐろさん。

 

子犬の頃から散歩のメインは夜か夕方です。

 

理由は至って簡単。

昼間はアスファルトがアッツアツだから。

 

まぐろさんは洋服も嫌がらないし、身につけるものはだいたいあんまり嫌がらないのですが、靴下だけはどうもダメなようです。

 

まあ、小さいころに靴下だけは履かせてなかったので、当然ちゃあ当然。

 

裸足で日中のアスファルトを歩いてみたことあります?

 

母ちゃんは知らぬ間にクロックスの底が裂けて、スーパーから出て来た瞬間飛び上がったことがありますw

 

マジで鉄板焼きの鉄板の上です。

お好み焼きの気持ちがわかりますよ。

 

靴や靴下を履かずに、犬が日中のアスファルトの上を歩くというのは、お好み焼きのように足の裏をじゅーじゅー焼かれるということです。

 

大袈裟な!と思った人!

いや、まじで1回やってみてって。

 

調べてみたら、お天気の良い日などは、60℃くらいになるそうです。

 

60℃ってどのくらいかというと、卵がかたまりはじめるくらいの温度らしいです。

 

やはり、お好み焼きです。

 

それを犬にさせるってもう苦行以上っすよね?

地獄の苦行です。

 

人間はいいっすよ?

靴も履いてるし。身体も高いですし。

 

四つん這いでもないですし。

 

夕方でも、日が落ちてすぐは、触ってみるとまだかなり熱いです。

 

散歩は夜か早朝のほうが無難。

にほんブログ村 犬ブログ ブチ犬へ
にほんブログ村