まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

【老犬シニア犬介護】寝たきり老犬の排泄介助に人間用?!尿モレパッドを利用!

寝たきり老犬の排泄介助はとても大変です。
歩行補助で歩ける場合もやはり違う大変さはあるのですが、寝たきりになると、他の大変さも併発してしまいます。
まぐろさんはオムツをするのがあまり得意ではなく、ヘタをするといつのまにか、脱いでしまったりします。
ギリギリまで自分で歩いてトイレまで行こうとしていました。
その時もやはり歩行補助が必要で、排泄をしたいという意思を汲まなければならず、なかなかに苦労します。
寝たきりになり、思わぬ時に排泄してしまったりして、掃除に追われたり、身体の汚れが激しく、まぐろさん自身もたいへん不快そうでした。
まぐろさんは滅多な事では吠えない犬なので、まだよいと言えばよいのですが、これがもしも、吠えてしまう犬だと、もっと大変だと思います。
しかし、出来ることならいつも笑顔で老犬介護にあたりたいものですね。 そこで、排泄介助に良かったものを紹介しようと思います。

介護グッズやちょっとした工夫で笑顔介助!

困った時は頼ればいいんです。
人にだけじゃなくて、物にも。
まぐろさん家はそれほど裕福ではないので、母ちゃんはめちゃくちゃ工夫して安くあげようとしています。
おしりふきは人間の赤ちゃん用を使います。
オムツも人間の赤ちゃん用のほうがかわいくて安いのでそれにシッポ穴を空けて使っています。
ちょっとした工夫で、老犬との暮らしは格段に楽しくなります。
大変なことも多いですが、犬は、共に暮らす家族の気にとても敏感です。
母ちゃんが凹んでいると、介護はもっと大変になります。
笑顔のための気晴らしや、ラクチンは横着ではなく犬のためです。
体を壊してしまったら元も子もありません。

自分に合ったグッズを選んで笑顔介助!

かといって、生活様式は十人十色。
人が良いといっても、それが合うとは限りません。
同じ老犬介護をしている飼い主さんなどに色々紹介してもらって、自分や愛犬の生活様式や性格にあったものを選んでいきましょう。
人にはできたのに自分はできないと悩む必要はありません。
その方法がたまたま自分の生活様式や性格に合わなかっただけで、たくさんの人、たくさんのお話の中に、ヒントが隠れていることが多くありますよ。
介護グッズは自分と愛犬に合うことが第一条件です。

人間用尿取りパッド最強説

さて、母ちゃんが使用してぴったりハマっているのが、人間用の尿取りパッドです。
もともとTwitterのお友達にご紹介頂き、命のバトンとして一部を譲ってもらい、使用してみたものです。
これが母ちゃんとまぐろさんにはぴったり合ったのです。

経済的にも手に入り安さ的にも!

Twitterのお友達に頂いたものは少し値段のはるものでしたので、頂いた分をキレイに使い果たしたのち、母ちゃんはドラッグストアに行き、代替品を探しました。
そこでびっくり、人間用の尿取りパッドって結構な種類があるのですね。
まさにピンキリです。
色々見てはみたのですが、全てにおいて、ペット用のものより優れているのでなかなかに悩みます。
やはりここは、各家庭の経済状態や生活様式に合わせて選んだほうが良いのかもしれません。
まぐろさんは、あんまり暴れなくなっているので、母ちゃんはフラットタイプのものを選択しました。

介助グッズは状況に合わせて工夫

最初は少し漏れてしまったり、したのですが、ふと、パッケージの注意事項などを読んでいて、閃いてしまいました。
そこで、母ちゃんが用いた方法はこれです。

これだと、まぐろさんのいつも下にしている部分が汚れず、ただれ気味だったところもサラサラでかなり良い感じです。

ペットシーツの消費量も減り、さらに身体を拭く回数が格段に減ったので、まぐろさんのストレスも激減しているもよう。

本当に教えて頂いたとーたさんに感謝です。
おかげでまぐろさんに快適な寝床を提供することができました。

老犬介護は愛犬と自分に合ったものを!

それでなくても、大変な老犬介護。
犬にも飼い主さんにも大変な負担です。
それでも愛しい愛犬のため、少しでも自分に合ったグッズややり方を見つけ、毎日笑顔で穏やかに過ごしたいものです。
愛する我が家の老犬のために。