まぐログ!シニア

現在18歳、ご老体ながらに元気に過ごすミックス犬まぐろさんとの生活を通して、老犬との付き合い方、老犬の健康管理などを勉強し、犬の世界の高齢化を幸せに乗り切ろうという記録です。

【犬の鎖骨】犬をおだてても木に登らない理由

f:id:oyabun7badlands:20190424185249p:image

前に犬と人間の身体的特徴について書きました。

犬は木登りができないのに、ネコは器用に木に登ります。
牛も馬も木登りはできません。
どうしてなのでしょう。
調べてみると、どうやら、犬には鎖骨がないことが原因のようです。

f:id:oyabun7badlands:20190424204639j:image

犬に鎖骨はない

犬には鎖骨がありません。
平原を走って獲物を探すのに有利なように鎖骨が退化したのです。
猫やサルは木に登って身を守ったりごはんを探したりするために木に登るのが得意です。
なので、鎖骨が残ったのです。
鎖骨は腕をぐるぐる回すのに必要な筋肉を支え、胸の部分を開くために肩甲骨を内転させるのにとても重要な役割を担っています。
けれども、広い草原をより素速く走るために、一部の動物は鎖骨が退化させ、4つの足で確実に地面を捉えるほうをとりました。
一部の動物は自分の身を守ったり樹上のより多く食物を手に入れたりするために、木に登ったり、腕をより器用に回転させるために鎖骨を残しました。
鎖骨が無いことにより肩甲骨は外転状態を保つことがとても容易にできるようになりましたが、代わりに腕をグルグル回したり、胸を開いたりすることができなくなりました。

f:id:oyabun7badlands:20190424204856j:image

犬に鎖骨がないので抱っこに注意

前述したように、犬には鎖骨がないので、犬は人間の身体に例えると、腕を前に突き出したカタチが通常で、腕をぐるりと回転させたり、バンザイのカタチを保ったり、胸を開いた状態で固定するということができません。
その状態を無理にさせるというのは、鎖骨が無い以上、とても負担になります。
人間の赤ちゃんは鎖骨がありますので、お母さんに抱きつくというカタチは得意なのですが、犬はそうではありません。
いわゆる、人間の抱っこのカタチは犬にとってはとても負担になり、ケガの元になります。
無理に腕を腕を引っ張ることは肩を脱臼する原因になりますので、絶対にしないでください。
バンザイの姿勢は、犬にはとても負担になります。
これは人間と犬の身体の作り、骨の状態が違うからです。

 

身体の仕組みを知って負担を少なく

犬と人間の身体の仕組みは違っていて、得意なことがそれぞれ違います。
得意なことが違うからこそ、犬と人間は無二の親友になることができました。
人間のために一生懸命役に立とうとしてきた犬に敬意を払うことは、我々人間には絶対に必要なことだと思います。
だからこそ、犬の身体と人間の身体の違いを知って、犬の身体の負担を少しでも減らした生活を送れるようにしましょう。
犬を人間の赤ちゃんのように抱っこしたり、バンザイの姿勢をとらせたり、気をつけの姿勢をとらせたりすることは、犬の体にはとても負荷がかかり危険です。
絶対にしないようにしてください。

にほんブログ村 犬ブログ ブチ犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

シニア犬ランキング